2017年03月27日

ミラクルゴリラ

 んで、盤遊会でした
 久々に3卓立てられる程度の人数
「とは言っても、11人だったからギリギリだけどね」
 重いの1卓立てて、とかやれるのは楽で良いね

 んで、終了後はまたモンハンしてた
 バルファルクを手伝ったり、後は依頼クエとか素材集めとか適当に
 すでに自分でも出てる依頼クエなら、他人が貼った物でも達成できるようになってたのはありがたいね
「前みたいに、手伝いだけして自分ではクリアしてない、という状況は減らせるね」
 まぁ、その依頼クエ自体を出しておく、というのは必要だけどね
 自分のキークエ自体はほとんど進んでないけどまぁ、その辺りはなんとでもなる相手だしな
 順調にいけば、明日ぐらいにはHR解放クエを拝めるはず
「そこを突破できるとは言ってない、だけどね」
 とりあえず見てみないと何とも、だねぇ
 あ、村クエは★8に上がったところまで、アイテムボックスは2段階拡張できたから、しばらくは十分かな

 そんな感じで
 んじゃ、盤遊会で触ったゲームとその感想

・デジャブ
・ボン・ヴォヤージュ
・ミソヒトサジ定食
・黒赤黄
・アイスクール
・カランバ
・アドレナリン
・ニットウィット

 軽いのが多め、かな?

・デジャブ
 メビウス便
 1−3個のアイテムが描かれたカードがあって、カード全部を通して同じアイテムは2つ描かれてる
 そのカードを順番にめくっていって、そのアイテムが出たのが2回目だと思ったら、周りに置いてあるそのアイテムのトークンを早い者勝ちで取っていく、と
 トークン1枚につき1点だけど、まだ2回目が出ていないアイテムを取った場合(つまり、持っているアイテムが山札からめくられた場合)は脱落する
 というのを3ラウンド繰り返して、合計得点の高い人の勝ち
 とにかく、紛らわしいアイテムを避けられるかどうか、かな
 シャツの袖ありと袖なしとか、懐中時計と方位磁針とか、ハンマーと斧とかが苦しい
 後は正式ルールだと3ラウンドあるから、そのラウンドで出たカードなのかどうかの記憶の混乱とか、かな
 今回は1ラウンドしかやらなかったけど、それでも初回は1人を除いて全員脱落という酷い場だった
 別メンバーでの2回目の時は、紛らわしいアイテムの存在を先に注意してたのもあって、普通に全員残ったんだけどね

・ボン・ヴォヤージュ
 同人ゲー、もともとは数年前だったのを、最近リメイクされたらしい
 大航海時代辺りの航海がテーマで、ゲーム的には同時競りに近い形
 競りのチップが船員というのがアレですが
 競り対象の山札の内容はわかってるけど、ビッドしてからカードを公開って順番なので、そこは運
 んで、ビッドの順位に応じてそのカードの効果を解決して、大体は船員が脱落していくので、最終的に残ってる船員が一番多い人の勝ち

 基本ルールで1回、拡張カード入りで1回
 基本ルールは特殊なイベントがほとんどなくて、ラウンド終了の寄港以外は大差がつくこともないけど、逆に差をつけるのが難しい感じ?
 ただ、基本的に最多を取ったほうが被害は少ないけど、寄港だけは握った数をそのまま支払わされるから、そのタイミングかね
 拡張カードを入れると一転、ランダムに半分近くが特殊なイベントになって、判断は複雑になる感じ
 割とひどい被害が出るカードもあって、判断は難しくなるね
 結局、寄港を踏んで落ちる話になるのは仕方ないけど

・ミソヒトサジ定食
 57577の単語カードを引いて短歌を作るパーティーゲーム
 だいぶパワーワードが入ってる気はする

・黒赤黄
 メビウス便、セット亜種?
 前に取ったカードと比べて、図形の数、図形の種類、色数の3要素がすべて違うものを早い者勝ちで取っていって、誰かが7枚取ったらラウンド終了
 ルールどおり取れているかをチェックして、一番多く並べられていた人から、そのラウンドの得点カードの高いものを取れる、という感じ
 図形の描かれ方がいやらしかったりはする(大きさとか配置とかはバラバラ)程度で、ひとつ前としか比べなくていいし、全部違えばいいだけだから、多少間違える可能性があってもパッと見で判断していった方が良い感じな気はした

・アイスクール
 やっぱりストレートを外すのよくない

・カランバ
 リアルタイムダイスゲー
 赤1面、青2面、黒3面のダイス5個を各自がひたすら振り直し、同じ色が全部出たらその色のポーンを取れる
 この時、他の人が取っていったポーンを奪うことも可能
 んで、ポーンがずべて取られたらラウンド終了で、赤3点青2点黒1点
 これを規定の得点取るまで繰り返し
 なんてーか、ひたすら忙しい
 後、赤の1面を出すのにひたすら振り直して結局出ない、とかを何度もやってたのは無理だ

・アドレナリン
 去年のエッセン新作、チェコゲームズ
 FPS系のゲームを元にした殴り合いで、キル時に与えたダメージのマジョリティで得点が入り、最後にとどめを刺した回数でもマジョリティ計算をする感じ
 後は武器を拾ったり、それをリロードするために弾薬を拾ったりしながら、という感じかな
 あくまで与えた側のダメージだけで、受けたダメージは少なくとも自分の得点には影響しないので、全体的に積極的に殴りに行くのを推奨してる感じではあるのかな

 最初に一歩踏み込んで攻撃できるブレードを拾って、最後までそれをメインにしてた感じに
 1歩踏み込めて、追加コスト払えば2体まで斬れて、ダメージも2点なのはそこそこ
 後は3点の火力も用意したけど、遠距離にしか届かない武器で組み合わせ的には難しかった気もする
 ただ、火力はずっと高かったので、序盤にうまくオーバーキルまで取れたり
 中盤以降もずっとエネルギーがギリギリだったけど、補助も入れて何とか3体オーバーキルで倒して、それ自体でのマジョリティ得点も含めて勝ち
 まぁ、適当に武器を使ってるのは楽しい……けど、どうしても長考しやすいのはあるかなぁ
 殴られてもあんまり気にしなくていい、という意識は大事?

・ニットウィット
 8つ糸巻きが並ぶとカオスだね
posted by トゥクス・ウィム at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・2017/01〜03 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448417940

この記事へのトラックバック