2017年04月14日

最初はまっしろから

 モンハンXX、とりあえず二つ名ディノ太刀の強化は完了
 しかし、オトモ装備作る余裕はないなぁ……思ったよりG級二つ名素材が出にくい感じ
「その上で、端材の数もそれなりに必要だしね」
 てか、厚鱗と重殻しかないけどそれぞれ別の端材で、それぞれ同数必要って仕様がきついな
 別にそこまで頑張ってオトモ装備を揃える必要もないんだけど、一応二つ名かミラ系列が防御的には一番高いからなぁ
「武器はまだ、属性とかタイプとかで他の選択肢があるにしても、だよね」
 まぁ、他で困るほど差が出るわけでもないし、防具は後回しで良いか
 武器は考えるけど、今回はそこまで塵滅刃にこだわる必要はなさそうだしな

 ボドゲ、キングドミノ日本語版発売(リンク先はTGW)
 去年のエッセンシュピールでのスカウトアクション6位(実質は同率10位?)、15分で終わるゲームとしては高評価だと思う
「ルール読んだ感じでも、結構良さそうだったよね」
 ほんとにシンプルなタイル配置だねぇ
 1×2の大きさのタイルを取って、5×5の王国を作る、という感じなんだけど
 タイルには番号が振ってあって、数字の大きいタイルほど得点は伸ばしやすいけど、次のラウンドの手番が遅くなる、という感じ
 得点は基本的に、隣接する同じ地形のマス数×その中にある王冠の数なので、王冠は数字の大きいタイルに多い、という話なのかな
「地形によって、タイル枚数とか王冠の数とかも違うしね」
 そんな感じで、ルールはシンプルで時間も短いけど、入門用にはちょうどいい感じなんだと思う
 テンデイズ流通だから、専門店以外ではなかなか見かけないだろうけど、とりあえず

 他も、ゲームマーケット春まで1カ月になって、カタログ発売とも合わせていろいろと情報は出てきてるっぽい
 ……それに絡んで、相変わらずB2F(NGO)のブログが面白いこと書いてるなぁと思いつつ
 記事自体は、六次化農村って新作(第2回東京ドイツゲーム賞審査員特別賞)出すよって話なんだけどもまぁ、いろいろと
「ゲームの作者がフォローしてる人ってのもあるけどね」
 それこそ、新年の蒼猫の巣GOTYで間接的にはお世話になってるし
 んでまぁ、ゲーム作成自体の話もだけど、重ゲーは大体500部ぐらい流通するのが現状、みたいな認識なんだなぁとか
 そして、それを作れるように足場を作ってきた、というのがさすが、というか
「500部って、それこそコンコルディアとかがそれぐらいなんだっけ?」
 初期の輸入分はわかんないけど、日本語版は500部×2回とかだったっけ?
 それで現状は割と余ってるように見えるので、そんなものなのかもしれない
 ……と思ってちょっと過去ログ漁ってたら、スルージエイジス1500部とか見えて、そりゃ普通に残ってるはずだ、となりつつ
「ナヴェガドールの500部は、すでに在庫切れてるみたいなんだけどね」
 店頭はまだ残ってるところには残ってる感じだし、そういう意味で確かに500ぐらいがちょうどいいぐらい、なのかもね

 そんな感じで
 明日はオーディン会、関係者各位はよろしくお願いします
 一応、自分は時間よりちょっと早めに行く予定、かなぁ
posted by トゥクス・ウィム at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・2017/04〜06 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック