2017年07月30日

プリンセスのブレイド

 ということで、日本全国ボドゲの旅in岐阜に参加してきた
 まぁ、結果的には普通にボドゲ会だったよ?
「いやまぁ、それはそうだよね」
 ちょろっと話も聞いたけど、やっぱり岐阜のボドゲ会は告知が弱いのかなぁって話と、場所は休みの時は普通に貸し部屋として使えるらしい、とだけ
 ……それを聞いたところで、場所的に使うことはないと思うけど
「まぁ、さすがにちょっと遠いよねぇ」
 車が必須って話なら、他の選択肢がある気はするね
 主催の強行軍の影響でちょっと開始が遅れたりもしたけど、その分終了を遅らせられたとか、その辺りのゆるい感じはそ便利な気もするけど
 それと、最終的に8人参加で、主催2名追っかけ3名地元勢3名、という感じだった
「……追っかけ?」
 という表現で間違ってないと思う……扱いとしては遠征者、なんだろうけど
 地元勢も1名は誘ってもらったTakPで、後1名は初顔合わせ
 割と新しい人っぽくて、近隣のボドゲ会の紹介もしたので、また会う機会もあるかな?

 そんな感じで
 んじゃ、触ったゲームとその感想
・デジャブ
・コロレット
・お邪魔者
・ミレニアムブレード
・ゾン噛ま
・クマ牧場
・いろはことば
・ダンジョンオブマンダムエイト

・デジャブ
 表記6人までだけど、7人でも特に問題はないね
 後、積み込み疑惑楽しい(2回連続で最初の1枚が同じカードだった)

・コロレット
 なんだかんだ久々
 自分の持ち込み物だったけど、やったことない人が多くて、最近はあんまり動かない感じなのかなぁとは思った
 日本語版出てる程度に定番ではあると思うんだけど、ボーナンザやマンマミーアと比べると、なんだろうな
 3人ゲーで全体的に割と妨害プレイングになって、全体的にマイナスを多めに食らってたような印象
 3人だと4色目の2枚目ぐらいは普通にあるんだっけ?

・お邪魔者
 世界選手権の予選に出ることになったから練習したい、とかいう発言だったのがさすがボドゲアイドル?
 しかしまぁ、引きゲーの印象が強くなるよなぁ
 地図を3枚引いて他にやることもないとかよくない

・ミレニアムブレード
 TakP持ち込み物、デッキ構築
 ただし、ドミニオン的なデッキ構築ではなく、もっとTCG的なデッキ構築
 ミレニアムブレードという架空のTCGのプレイヤーとなって、お金を持ってショップに行ってその場でパックを開けてデッキ組んで大会に出場する、という感じ
 なお、デッキ構築部分はリアルタイムです、というのも何言っているのか
 カードが裏向きに並んでて、裏の絵柄がブースターパックになってるからそれを見ながら買っていく感じ
 お金が無くなったらカードを売ることもできるし、売られたカードは当然のようにシングル置き場に並ぶし
 そういう風にして構築をしたうえで、カード8枚+デッキケース1枚+アクセサリ2枚までのデッキを組み、簡易的なルールでの対戦
 対戦自体はカードを出してその効果を処理して得点を稼ぐ、という程度だけど
 その得点の順位に応じて、ゲーム自体の勝利点が入る、という感じ
 そんなのを3ラウンドやって合計の高い人が勝ち、というのが正式なのかな?
 今回は初回プレイ用ってことで、1戦目がプレリリース大会(スターターのみ)で、その後に2回構築と大会をやる流れだったけど

 なんてーかまぁ、馬鹿だ
 ほんとにパックを買ってデッキを組む、という流れを忠実に再現した感じ
 シングルには大体売ったカードしか流れてこないから、欲しいカードが狙って買える感じはないけど
 ひたすらパック買って、その中でどう動くのかを考えていく感じ、なのかね
 テキスト大量だし、どうすれば点が稼げるのかも慣れないと難しくて大変
 それでも、いろいろコンボ考えてるのは普通に楽しいし、最初っからそういう人たち向けのゲームだよね

 後、カードもどこかで見たような気がするイラストが大量にあって、ほんと酷い
 BGGのこの辺の画像とか見れるといいんだけど、登録してないと原寸では見れなかったっけ?
 他にもまぁ、ちゃんと探せばプレイ風景写真とかでも見れるかもしれない
 ブースターパックの面からして、髭で赤帽子のスーパーなおっさんとかいるのもアレだけど(今回は使ってない)
 個人的には、今回引いて一番びっくりしたのはSHY WITCH TOHOだな……そんなのまで入ってくるのか、という意味で
 TOHOってのはおそらく東方で、つまりそういうこと
 イラストも微妙にそれっぽいんだけど、弾幕の弾は拳銃の弾ではないよ?

・ゾン噛ま
 うすのろ亜種
 そっとおやすみと違うのは、手札が横との交換ではなくて山からのドロー&プレイなこと
 それに伴い、特殊効果のカードが増えてること、かな?
 どっちにしろ、亜種の域は出ないけど
 ドロー&プレイだと揃うかどうかが怪しい気がするんだけど、どうなんだろうね

・クマ牧場
 目標タイルはコアラ3枚、4種1枚ずつ、直線3本
 ツイッターに写真上げたけど、かなり綺麗に埋められた
 ボーナスを全部2番手で取ったうえで、彫像点が16、13、9、7という時点でかなりの圧勝だよね
 基本タイルも、初手の2マス以外は3マスのしかとってなくて、それで綺麗に埋まったから、手番数的にも稼げてるはずだしね

・いろはことば
 ワード系のすごろく
 基本的には親がお題カードをめくって読み上げ、他のプレイヤーがそれに該当する言葉を早い者勝ちで言う、という感じ
 各マスに順番にいろは歌が書かれてて、各プレイヤーはその言葉から始まる言葉を言わないといけない
 進めるマス数はその言葉の文字数なので、できるだけ長い言葉を言いたい、と
 固有名詞を探すタイプは、伝わるかどうかを一瞬考えるよね
 まぁ、お題自体が割と一般常識に寄せられるので、色縛りとか意外はそんなに変な言葉は出てこないはずだけど
 縛りとしてもゆるいし、詰まりが発生しにくい(親番が来ると強制で1マス進む)のもあって、ワーバスとかより軽く遊ぶ感じのゲームかね

・ダンジョンオブマンダムエイト
 魔術師
 ダンジョンのモンスターが全部別の種類なら大丈夫とか、1回だけ目の前のモンスターを山札のトップと交換できる、とかがトリッキーなところ
 後は素のライフが2でアイテムに+6がある、という重みの変更もなかなか
 別の種類習ってのは面白いんだけど割と強いので、その辺りの立ち回りが軸のなるのかなぁ
 後は+6の炎の壁を外すと5のゴーレムで即死する、辺り?
posted by トゥクス・ウィム at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・2017/07〜09 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック